HOQSEI CANDLE、映画の舞台に

投稿日: カテゴリー: Candle

HOQSEI CANDLEも舞台になった、映画「モルエラニの霧の中」第1部の試写会が決まりました

来月から12月にかけて、室蘭、札幌、東京での上映となります。

第1部は、4話構成です。

キャンドルショップがある、旧三菱合資会社室蘭出張所は、はじめのストーリー。写真館の中にキャンドルショップがある設定です。

大杉漣さん、大塚寧々さん、香川京子さん、河合龍之介さん、坂本長利さんと豪華な顔ぶれで、キャンドルショップには大塚寧々さんがご出演されます。

リーフレットのメインは、いまやNTTドコモ看板になった、久保田紗友さん。

試写会内容は、こちらです。

いま、さまざまなメディアから室蘭への取材がきています。まさかあの室蘭が。このギャップをお楽しみください^ ^

モルエラニのfacebookからの引用です。モルエラニのfacebookもぜひご覧くださいませ。

■開催要領■
【室蘭会場】
・日 時
第1回:2016年10月04日(火)
18:00 開場/18:30 開演/20:30 終演予定
第2回:2016年10月05日(水)
13:30 開場/14:00 開演/16:00 終演予定
第3回:2016年10月05日(水)
18:00 開場/18:30 開演/20:30 終演予定
・場 所:室蘭市市民会館 大ホール
(室蘭市輪西町2-5-1)
https://goo.gl/maps/3nogChkXYcy
・全席自由席

【札幌会場】
・日 時:2016年10月23日(日)
12:30 開場/13:00 開演/15:00 終演予定
・場 所:札幌プラザ2・5
(札幌市中央区南2西5 狸小路5丁目)
https://goo.gl/maps/989YuNym9S12
・全席自由席

【東京会場】
・日 時:2016年12月06日(火)
18:00 開場/18:30 開演/20:30 終演予定
・場 所:江戸東京博物館 1階ホール
(東京都墨田区横網1-4-1)
https://goo.gl/maps/UpKfvpoMYAQ2
・全席自由席

【入場料】
・個人/法人にてご協賛いただいた皆さま、クラウドファンディングにて試写会へのご招待をリターンとしてお選びいただいた皆さまにはご招待券をお送り致しますので、これをいずれかの会場にお持ちいただければご招待券1枚につき1名様がご覧いただけます。
・前売券 1,000円 (当日券 1,200円)
・札幌会場、東京会場につきましては、開催の前日までにメールまたは電話にて室蘭映画製作応援団まで、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス(お持ちの方のみ)をご連絡いただければ、当日前売価格にてご覧いただけます。
E-mail:info@moruerani.com
電 話:0143-50-6200 (9時~20時)
・室蘭会場の前売券は下記の場所にて本日9月15日(木)より販売致します。
室蘭観光協会 (室蘭市海岸町1-5-1)
https://goo.gl/maps/1ctD181VHbx
ぷらっと。てついち (室蘭市輪西町2-5-1)
https://goo.gl/maps/7ZmgsjD5a1p
お休み処murata (室蘭市母恋北町2-4-14)
https://goo.gl/maps/1nQXXSQtS462
■各章のあらすじ■

【春の章】名残りの花……写真館の話
【出 演】大杉漣/大塚寧々/河合龍之介/坂本長利/香川京子
老舗写真館店主の小林幹生(大杉漣)が病に倒れ、別れた妻のもとで育った息子(心太/河合龍之介)が帰郷する。
看病のかたわら写真館で寝泊まりするようになった心太を、キャンドル屋を営む映子(大塚寧々)が温かく見守る。
そこヘ、謎めいた老婦人”蕗子さん”(香川京子)が訪れて……
★心太が写真館の倉庫で見つけて持ち主を探すことにする「古い写真」は、市民から寄せられた実際の室蘭の古写真が用いられている。
心太は全編に渡って、この古写真を手に登場する。

【秋の章】名前のない小さな木……科学館の話
【出 演】久保田紗友/末原拓馬/竹野留里(市民キャスト)/水橋研二/大杉漣
中学生の桃子(とうこ/久保田紗友)は父を7年前に亡くし、今は母(七海)と二人で暮らしている。
母の再婚を機に町を出ることになった桃子は、亡き父がしかけた小さなイタズラの答えを見つけるため科学館へと向かうのだが……
★桃子を演ずるのは、NTIドコモのCMやNHKドラマなどにも出演し、現在注目度ナンバーワンの実力派女優”久保田紗友”。
撮影当時は、実際に北海道で暮らす中学生だった。

【晩秋の章】煙の追憶……蒸気機関車の話
【出  演】坂本長利/村田博(市民キャスト)/竹野留里(市民キャスト)/小西康久/久保田紗友
科学館の中庭に展示されている蒸気機関車を整備するのは、元SL乗り”吉井さん”(坂本長利)の日課だ。
ある日、この機関車の解体計画が持ち上がり、吉井は科学館を退職してしまう。
深夜、ヤケ酒に酔った吉井が無人の科学館に忍び込むと……
★町の科学館に実在する機関車と、その保存整備をする元SL乗りの方々に想を得たストーリー。
印象的な職員三人組を演じるのは、半世紀近く前室蘭にあった劇団「大地」の元メンバー達。

【初冬の章】冬の虫と夏の草……樹木医の話
【出  演】佐藤嘉一(市民キャスト)/橋本麻依(市民キャスト)/伴野裕生(市民キャスト)/小林なるみ/久保田紗友
老人施設に入所している元樹木医の河村(佐藤嘉一)は、季節の変わり目になると施設を抜け出すことで有名だった。
担当介護士の久保七海(橋本麻依)は、再婚を機に退職する前に、河村の脱走の理由を知りたいと考えていた。
河村は、戦死したかつての恩師との約束を果たすために、草原に作む桜の老木の前に立っていた……
★室蘭在住のキノコ研究家 西原羊一氏(2015年逝去)をモデルに描かれた本作。
劇中に登場する冬虫夏草の標本は、ほとんどが西原氏採集のもの。
主演の橋本麻依を筆頭に、出演者の多くが演技初体験の一般市民だが、そんなことを微塵も感じさせない存在感を披露している。